小学校2年生の遠足で電車に乗った時、大変な目に遭ってから、中学、高校になるまで、ずっと電車がトラウマになっていました。

バスにはバスの良さがある
バスにはバスの良さがある

トラウマになってしまった電車にまつわる思い出

PAGETITLE
小学校2年生の遠足で電車に乗った時、大変な目に遭ってから、中学、高校になるまで、ずっと電車がトラウマになっていました。もともと、乗り物には弱い方で、すぐ酔ってしまうのです。
2年の遠足の時も1時間近く電車に揺られていたので、気分が悪くて仕方ありませんでした。目的の駅に到着して、やっと降りられると思い、誰よりも早くドアの前に立ったその時です。
ドアが開くと同時に、後ろから押されてドアに手をつきました。そしたら、ドアと一緒に手が収納スペースに入り込んで、抜けなくなったのです。
別に痛くもなんとも無かったけど、引っ張っても抜けないもんだから乗客も先生も駅員さんも大騒ぎです。
その慌てぶりを見て、私も不安になり泣き出したんですよね。
駅員もどうして良いか分からず、電車はそのまま立ち往生です。
思いっきり引っ張ると、さすがに痛くてまた泣くので、どうにも出来ずそのままの状態で、かなりの時間が経ったと思います。
そこで、電車の車掌さんが機転をきかせ、一度ドアを閉めたのです。
そしたら、その瞬間にスポッと手が抜けました。ケガも無く、大事には至りませんでしたが、それ以来、電車に乗るのが嫌で高校も自転車で行ける学校を選んだくらいです。

オススメサイト



Copyright(c) 2017 バスにはバスの良さがある All Rights Reserved.